生活が一変!

2015年2月21日 12時13分 | カテゴリー: 活動報告

昨年12月に中村みほこさんからのローテーションを受ける事を決め、まずは職場に1月末で退職したいと相談したところ、快く承諾して頂き、背中を押してもらいました。

バオバブ保育園、ほんとにステキな保育園です!毎日が楽しくて、ここを去らなければならないと思うと本当に寂しい限りです!
自然に近い暮らしを大事にし、子どもに寄り添おうとする職員集団のあり方、そして保育に関しては自由に意見の出し合える雰囲気、なかなか他にはないんじゃないかな。

 ここで働いた7年間の体験はほんとうに宝物す。これからも子育て支援のことを考えていく上での指針となります。ありがとうございました。                                                                     

そして生活が一変!規則正しく、適度に体を使い安心で美味しい給食、子どもとの会話に脳みそもフル回転で笑う事ばかりだった生活が変わりました。                                                                    

カレンダーのところどころに様々な予定、全て自分で決めて自分を律する生活です。重い課題に眉間にしわが寄ります。

でも、考えなければならないと思っていた課題ばかりなのです。

 原発を止めること、海外派兵を止めること、子どもの貧困をなくすこと、社会保障の不公平を正すこと、いじめの連鎖・差別の連鎖で起こっている様々な問題をたすけあう社会で再生すること。

 横目で見ながら何もしないでも毎日は過ぎていく。けれど、生活者ネットの代理人のローテーションの退任の挨拶で「代理人をやらない人生よりやった人生で良かった」とおっしゃった方の言葉に励まされました。

 保育園を辞めて代理人に挑戦する、と公言した時、「びっくりした。自分と向き合わざるを得ない歳だけど、私も行動します」と同僚からメッセージをもらい私のほうがそれで元気をもらいました。